Now Loading...

  バカヤローの日
Rakza MAGAZINE

バカヤローの日

2021.02.28
編集長の独り言
田中 尚雅

1953年2月28日、衆議院予算員会の質疑応答中のこと、社会党の西村英一議員の質問に対する答弁の中で、吉田茂首相が「バカヤロー」と」発言した。

この言葉は声高に語られたのではなく、小さな声ではあったがそれをマイクが拾ってしまい、予算委員会は紛糾。

その後首相は発言を取り消したが、懲罰委員家への動議の提出、さらに決議による可決と繋がり、結果的に衆議院解散となった(バカヤロー解散)。

 

そのため、この日は「バカヤローの日」とされる。

 

当たり前の話であるが、この日のこの発言だけを取り上げていいものではない。ただ、今の政権や国会においても、総理たるものその発言には責任を持たざるを得ないというのは真理だと思う。

 

解散後の総選挙では吉田率いる自由党は大敗。吉田の指導力が衰えていったことを考えると、この日のこの発言は決して小さなものではなかった。

 

今のように、首相や閣僚の失言や不穏当な発言が当たり前の世の中になっていいはずがない。臭いものに蓋をすることが政治ではない。

 

今こそ、メディアはこの日を政治を考える日として、もっと取り上げてもいいのではないだろうか?

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP