Now Loading...

  東京大学創立記念日
Rakza MAGAZINE

東京大学創立記念日

2021.04.12
編集長の独り言
田中 尚雅

1877年4月12日、「東京開成学校」と「東京医学校」を併合して「東京大学」が開設された。1897年に「東京帝国大学」と改称された。

(戦後1947年に、再び「東京大学」に改称)

 

東京大学は、日本国内初の近代的な大学で、法学部・理学部・文学部・医学部の4学部でスタートした。(現在は、工学部、教育学部、農学部、経済学部、教養学部文科、教養学部理科、薬学部が加わり、文学部はない全10学部)

間違いなく国内の最高学府であり、僕が子供の頃の東大卒業者は特別な存在の知り合いだった。

ところが東京に出て就職すると、そこら中に東大卒の知り合いができ、僭越ながら、さほど大したことはないと思ったことがある。しかし、それはやっかみ半分の見方で、やはり飛び抜けた頭脳の人が多かった。
実はこれまでの学部卒業者は、累計で30万人にも達していない。

 

僕は東京大学を受験している。

現役の時、父に「小学校から高校まで国立で、大学は私立だけしか目指さないのか?」と言われ、受験を試みた。

しかし、私立文系の3科目しか勉強していない身、しかもそれで浪人した学力をもってしては、一次試験で不合格、箸にも棒にもかからない落第生であった。

 

時折本郷キャンパスを散歩することがある。

「赤門」「安田講堂」「三四郎池」(正式名称は「育徳園心字池」)「七徳堂」と見どころは多く、中央食堂で「赤門拉麺」をいただく。

 

決して届かなかった日本の最高学府は、誰にも優しい散歩の地でもある。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP