Now Loading...

  世界赤十字デー
Rakza MAGAZINE

世界赤十字デー

2021.05.08
編集長の独り言
田中 尚雅

5月8日は、国際赤十字の創始者であるスイス人、アンリー・デュナンの誕生日にちなみ制定されている

赤十字社は、戦争や天災時における傷病者救援活動を中心とした人道支援団体であり、世界192の国と地域に広がる活動を行なっている。

 

日本赤十字社のホームページによれば、その使命は「わたしたちは、苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ります」としている。

 

その創始者であり、第1回ノーベル平和賞を受賞したデュナンの信念は、「傷ついた兵士は、もはや兵士ではない、人間である。人間同士としてその尊い命は救わなければならない」という言葉に表れている。

 

赤十字のマークは、世界共通の救護・救援の象徴であり、地球人の常識となった。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP