Now Loading...

  パチンコの日
Rakza MAGAZINE

パチンコの日

2021.11.14
編集長の独り言
田中 尚雅

1966年11月14日、全国遊戯業協同組合連合会が正式に通産省が認可を受けた。そのことに因み、1979年にこの日が「パチンコの日」と制定された。

パチンコという名称は、当時の玉を台に入れて右手で弾く「パチン」という音から名付けられたと言われている。

 

ところで、パチンコ屋には時計が設置されていないという都市伝説がある。

それは、時間を忘れさせるためにあえて時計を設置しないようにさせているという理由によっている。

まあ、負ける人がいるからこそ、この業界は成り立っているのだからさもありなん!だろう。

 

しかし、パチンコ屋にはもう何十年も足を運んでいない。あの眩しいばかりの光と、溢れるような音の洪水が苦手である。

ところで、本当に時計はないのだろうか?

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP