Now Loading...

  まんがの日
Rakza MAGAZINE

まんがの日

2020.11.03
編集長の独り言
田中 尚雅

2002年に日本漫画家協会と出版社5社によって制定された。

「漫画を文化として認知してもらいたい」という思いから「文化の日」を記念日とした。また、この日は手塚治虫の誕生日でもある。

 

日本のストーリー漫画の第一人者である手塚治虫は、僕にとってもなくてはならない人だった。1928年大阪府豊中市生まれ、名前は当時この日が「明治節」だったことから「治」とつけられた。(治虫はペンネーム)

中学時代から漫画を描き続け、終戦直前に大阪帝国大学附属医学専門部に入学、学生でありながら漫画家としてデビューし、次々に傑作を生み出した。

「ジャングル大帝」などを連載しながら、医師としての国家試験に合格したというから凄い。おまけに毎日放送のアナウンサー試験にも合格している。

 

手塚作品にはいつも明確なテーマがあり、未来への希望があり、子どもたちへの愛があった。

「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「火の鳥」などの作品にもしも出会っていなければ、今の僕の感性は育っていなかったと思う。

 

1989年2月9日、胃癌により死去。享年60歳、あまりにも短い人生だった。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP