Now Loading...

  世界トイレの日
Rakza MAGAZINE

世界トイレの日

2021.11.19
編集長の独り言
田中 尚雅

2011年11月19日、シンガポールで世界トイレ機関(WTO:World Toilet Organization)が創設され「世界トイレサミット」が開催されたことを記念し、国連総会が11月19日を「世界トイレの日」と制定した。

 

世界ではまだ、3人にひとりがトイレのない生活を送っている。

この問題をわかりやすく説明したアニメーションを、ユニセフ「世界トイレの日」特設サイトが紹介している。

https://www.unicef.or.jp/osirase/back2013/1311_06.html

トイレがないところでは、最近がさまざまな所から体内に侵入し、それが原因で免疫力の弱い子どもたちが1日に800人以上命を落としていると訴えている。

 

人間の尊厳を守るためにも、どこにいても清潔なトイレがある環境が必要だ。

 

我々に絶対に必要なトイレのことを、考える日にしたい。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP