Now Loading...

  10月14日は鉄道の日
Rakza MAGAZINE

10月14日は鉄道の日

2020.10.14
編集長の独り言
田中 尚雅

1972年10月14日、新橋駅(後の汐留貨物駅=廃線)〜横浜駅(現桜木町駅)を繋ぐ日本初の鉄道が開業した。

当初は鉄道記念日だったが、1994年に国鉄・JRに限らずすべての鉄道事業者を祝う記念日として「鉄道の日」となった。

 

当時の全線所要時間は53分(現在は最短27分)、これはあまり変わらないと感じるかも知れないが、当時は途中にほぼ停車駅がなかった。

運賃は上等が1円12銭5厘、下等の37銭5厘でも米10kgを変える値段だったというから、今の473円に比べれば、どれほど高かったかが伺える。(ちなみに今の米10kgは3000円以下でも買える。)

 

世の中には鉄男、鉄子という人が結構いて、弊社の野田稔もかなりの鉄男である。わけのわからん車両に乗りたがったりするのだ。

 

せっかくだから今日は鉄道の映画でも見るか。

「RAILWAIS 49歳で電車の運転手になった男の物語」

「阪急電車」「鉄道員(ぽっぽや)」この辺りは

そして最近知った銚子電鉄が製作した「電車を止めるな!〜のろいの6.4km〜」https://dentome.net

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP