Now Loading...

  10月5日は「時刻表記念日」
Rakza MAGAZINE

10月5日は「時刻表記念日」

2020.10.05
編集長の独り言
田中 尚雅

1894年10月5日、庚寅新詩社が日本初となる本格的な時刻表「汽車汽船旅行案内」を出版した。福沢諭吉の勧めにより、手塚猛昌が発行したものだ。

現在の時刻表の基礎となっている。

 

ところで、「鉄道ファン」が多くいるように、「時刻表ファン」も少なからずいるようだ。古い時刻表の復刻版が今も販売されているとを知って驚いたものだが、かつての乗換などを思い描きながら、昔の鉄道ダイヤを懐かしむ人がいるのだという。

 

かつて、国鉄がJRになる時に「国鉄スペシャル」という特別番組のディレクターを担当したことがあるが、その時に会った国鉄のダイアグラムを作る人の緻密さは凄かった。分単位だと思っていた出発や到着時刻は、実は15秒単位であったし、立体交差を行き交う列車のことも正確に把握し、お召し列車(天皇陛下の列車)の上を他の列車が通過しないようになど、信じられない細やかな作業だった。

 

しかしながら、それだからこそ松本清張の「点と線」などのミステリーが成立するのだと感じたものだ。

日本の鉄道は間違いなく世界一だ。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP