Now Loading...

  隅田川花火大会復活の日
Rakza MAGAZINE

隅田川花火大会復活の日

2021.07.29
編集長の独り言
田中 尚雅

1978年7月29日、17年間行われることがなかった両国川開きの花火が、「隅田川花火大会」として復活した。

 

そもそもの起源は、享保18(1733)年5月28日の両国川開きまで遡る。

前年、飢饉によって江戸では多くの死者が出た。そのためその年の水神祭、川施餓鬼に因んで、翌年から川開きで花火が打ち上げられるようになった。

その後、両国川開きの花火は、明治維新や第二次世界大戦で数度中断し、さらに1961年から77年までは、交通事情や環境問題で中断されていた、それが復活した日なのである。

 

残念ながら、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが。

今年は東京オリンピックの日程を避け、10月23日に開催予定であった。しかし6月18日に、今年も中止が決まってしまった。

 

夏の夜空を彩る美しい炎の花を、いつかまた眺めたい。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP