Now Loading...

  野茂英雄がMLBでノーヒッターになった日
Rakza MAGAZINE

野茂英雄がMLBでノーヒッターになった日

2020.09.17
編集長の独り言
田中 尚雅

野茂英雄がメジャーリーグ(ロサンゼルス・ドジャーズ)で2年目を迎えた、1996年9月17日のロッキーズ戦で、アジア人初のノーヒットノーランを達成した。

 

よくよくこの試合を見てみると、野茂の記録はさらに輝きを増す。

まずはこのゲームがロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで行われていること。このスタジアムは標高1マイルの地にあり、高地であるがために球が飛びやすく「打者天国」と言われていること。

さらにこの日は、雨のために試合開始が2時間以上遅れ、試合開始の気温は5℃程度の寒さの中の試合だったことだ。

足場の悪いマウンドに立つ、野茂の立ち上がりは不安定で、1回2回ともに四球の走者を出し、しかも盗塁を奪われてしまう形だった。

すると驚いたことに、野茂は3回からトルネードを封印し、セットポジションで投げ始める。女房役の捕手、マイク・ピアッツァによると、セットポジションは制球力を高め、盗塁を許さず試合展開を早めるためだと言っている。いわゆる「守備でリズムを作り、攻撃に活かす」という作戦である。

 

ドジャーズは得点を重ねていくが、結果論ながら微妙なプレーが4回裏にある。この回も野茂は、先頭のバークスに四球を与えてしまう。1アウト後、ガララーが打つた初球は、ショートの左へ。ショートを守るギャグニーは横っ飛びでボールを取るが転倒していて、辛うじてセカンドでフォースアウト。もしもランナーがいなければファーストまで投げなければならず、おそらく内野安打となっていた。

 

結局、9−0でドジャーズは圧勝、野茂は110球で無安打完封、アジア人初のメジャーリーグノーヒッターとなった。

メジャーリーグでは、今までに305回のノーヒッターが達成されているが、この球場での達成は野茂だけである。

5年後に野茂は再びノーヒッターとなるが、それはまた別の話。

尚、このゲームは今もMLBが公開する動画で見ることができる。

1996年9月17日
1度目のノーヒットノーラン
達成の試合(MLB.comによる動画)

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP