Now Loading...

  重陽の節句
Rakza MAGAZINE

重陽の節句

2020.09.09
編集長の独り言
田中 尚雅

陰陽思想では、奇数が陽の数であり、陽数でもっとも大きな九が重なる日は「重陽」と呼ばれた。

五節句のひとつであり、「重陽の節句」となった。

そもそもは奇数の重なる日は、陽の「気」が強すぎるため不吉とされ、それを払うための行事が節句であった。それが、のちに吉祥とする考えに転じて、祝事をする日となった。

「菊の節句」とも呼ばれ、菊の花が飾られたり、菊の花びらを浮かべた酒を飲んだりもした。

せめて「菊正宗」「菊姫」「菊水」でも飲むか。

 

怪しさや 夕まぐれ来る 菊人形   (芥川龍之介)

はつ菊や 大原女より 雁の文    (飯田蛇笏)

燈心の 如き白菊 咲きにけり    (正岡子規)

早く咲け 九日も近し 菊の花    (松尾芭蕉)

たそがれて なまめく菊の けはひかな(宮澤賢治)

小狐の 隠れ顔なる 菊の花     (与謝蕪村)

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP