Now Loading...

  記念切手記念日
Rakza MAGAZINE

記念切手記念日

2021.03.09
編集長の独り言
田中 尚雅

1894年3月9日、日本で初の記念切手が発行された。

明治天皇・皇后両陛下の御成婚25周年を記念して発行されたもので、菊の紋章に雌雄の鶴が描かれたデザインで、紅色の内地用(国内封書用)2銭のものと、青色の外地用(外国封書用)5銭の2種類だった。当時は、記念切手という言葉がなく、特別切手と呼ばれていた。

 

昭和初期までは、記念切手は数年に一度しか発行されなかったが、現在では毎年数十種が発行され、キャラクターとのコラボレーションや、かなりポップなデザインも見られる。

 

また、形も四角形に限らず、丸型やさまざまな形のものがある。

シール式も多く、またコレクターのためであるのか切手帳のような形態のものもあり、そういうものは額面の合計より高い料金設定になっている。

僕は手紙をよく書く方なので、郵便局に行くたびに葉書用や封書用に記念切手を買ってしまい、気がつくとずいぶん溜まってしまうこともある。

でも、記念切手を眺めるのはなんとも楽しい。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP