Now Loading...

  聖バレンタインデー
Rakza MAGAZINE

聖バレンタインデー

2021.02.14
編集長の独り言
田中 尚雅

西暦269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に反対したバレンタイン司教が、ローマ皇帝の迫害の下で殉教した。

それ以降、この日はバレンタイン司教の記念日となり、恋人たちの愛の誓いの日となった。

 

キリスト教圏では、一般に家族や恋人などに花やケーキ、カードなど贈り物をすることが風習となった。

女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、1958年にメリーチョコレートカムパニーが行った新宿・伊勢丹でのチョコレートセールが始まりとされている。

 

現在では、チョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されるとも言われるが、近年は縮小傾向にあるようだ。

 

普段はあまりチョコレートを食べる習慣がない僕だが、この日くらいはバーボンウイスキーと共にチョコレートをいただくことにしている。

自粛生活の中でも、届けられたチョコが嬉しい。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP