Now Loading...

  沖田総司の忌日
Rakza MAGAZINE

沖田総司の忌日

2021.05.30
編集長の独り言
田中 尚雅

沖田総司は新選組一番隊長であり、天才剣士とされ、慶應4年5月30日に肺結核のために没した。生年が確かではなく、没時年齢については、24歳から27歳までの説がある。

 

天然理心流道場・試衛館の塾頭を務め、北辰一刀流の名許皆伝も得ていたという。

新選組では局長の近藤勇を兄のように慕い、行動をともにした。

しかし、池田屋事件やその後に肺結核を発症し、鳥羽・伏見の戦い以降には参加が叶わなかった。

 

幕府の医師・松本良順により、江戸に匿われていたとされるが、近藤勇の斬首による死を知ることもないまま、病に倒れた。

 

小説や映画などフィクションでは、剣の達人、明朗な性格、肺結核が不可欠の要素となっているが、実は細かな部分の記録が少なく、作られた人物設定であることも多い。「壬生義士伝」で沖田を演じた堺雅人が演じた人物設定を、僕としては推したい。

秋には、岡田准一が土方歳三を演じる「燃えよ!剣」が公開されるが、この映画で沖田総司を演じる山田涼介は、どんな沖田を見せてくれるのだろうか。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP