Now Loading...

  歌舞伎の日
Rakza MAGAZINE

歌舞伎の日

2021.02.20
編集長の独り言
田中 尚雅

1607年2月20日、出雲の阿国が江戸城で徳川家康や諸大名の前で、初めて歌舞伎踊りを披露した。それを由来に、2月20日は「歌舞伎の日」となった。

 

それを遡ること4年、京都四条河原で阿国は歌舞伎踊りを始めたといわれている。四条大橋を東に渡った川端通りに、出雲の阿国の像がある。

京都・南座の斜め向かいの位置にあたる。

 

歌舞伎という言葉の由来は「傾く(かぶく)」だと言われている。戦国から江戸時代にかけて、今日で流行した派手な衣装や一風変わった異形を好むものたちであり、「かぶき者」とも言われた。

 

歌舞伎の世界も、昨年からコロナウイルス禍の影響をまともに受け、多くの公演が中止や無観客などの対策を余儀なくされた。

なかでも、昨年歌舞伎界の大名跡である十三代目市川團十郎白猿の襲名披露公演が歌舞伎座で行われる予定であったが、延期された。

團十郎を襲名する十一代目市川海老蔵は、成田屋のお家芸「歌舞伎十八番」のうち、現代ではあまり上演されなくなった演目の復活にも積極的であり、一日も早く襲名と披露公演が行われることが待たれている。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP