Now Loading...

  東京の日
Rakza MAGAZINE

東京の日

2021.07.17
編集長の独り言
田中 尚雅

1868年、つまり明治元年の7月17日、明治天皇の詔勅により「江戸」が「東亰(とうけい)」に改称された。亰の字は京の俗字で、昭和初期まで使われていた。

東京都になったのは、1943年に東京府と東京市が統合されてから。

東京特別区23区と、多摩地区26市西多摩郡(3町1村)、島嶼部4支庁(2町7村)からなり、1395万7977人が暮らす(2021年6月1日推計)。

この人口は、ポーランド、アルジェリア、カナダの国の人口に匹敵する。

 

都の花はソメイヨシノ、都の木はイチョウ、都の鳥はユリカモメである。

 

6日後の23日には、延期されていた東京オリンピックの開会式が行われる。

これからしばらくは、世界中の人々が「TOKYO」という言葉を聞き、この都市に目を向ける。

コロナ禍による緊急事態宣言の元、感染予防のための無観客で競技が行われる異例のオリンピックとなった。いったいどんな大会となるのだろうか?

この時に、この巨大な街で暮らしていることを、よく噛み締めてみたいと思う。

 

東京にとって、もっとも熱い夏が始まっている。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP