Now Loading...

  昭和基地開設記念日
Rakza MAGAZINE

昭和基地開設記念日

2021.01.29
編集長の独り言
田中 尚雅

1957年1月29日、地球科学者・永田武隊長率いる南極観測隊が東オングル島に上陸し、本格的な南極観測が始まった。

この年から58年にかけては国際地球観測年であり、世界各国が協力して南極大陸の観測・調査を始めており、日本も参加した。

 

当時の基地はプレハブ4棟のみで、大変な環境の中での観測作業だった。

現在は60以上の大小の棟があり、3階建ての管理棟のほか、居住棟、発電棟、汚水処理棟、環境化学棟、観測棟、情報処理棟、衛生受信棟、焼却炉棟、地学棟などに別れている。

また、管理棟の中には、医務室、厨房、食堂、通信室、公衆電話室、図書室、娯楽室などもあるという。

観測隊員は約60名で、そのうち40名が越冬する。

 

僕の中高の同級生が京都大学の教授で、ずっと昔の話になるが南極観測隊員となったことがあった。当時は男性だけしかいない環境で、隊員は身だしなみを気にしなくなり、髭を剃る習慣もなくなったなど、いろんな話を聞いたことがある。

南極を舞台とした映画もいくつもあり、さまざまなエピソードが散りばめている。今日は、「南極料理人」でも見てみようか。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP