Now Loading...

  安室奈美恵考
Rakza MAGAZINE

安室奈美恵考

2020.09.20
編集長の独り言
田中 尚雅

いまとなっては、まるで夢の中で見たような不思議な存在だった。

 

1977年9月20日に那覇市で生まれたことはわかっている。

沖縄アクターズスクール出身、SUPER MONKEY’Sのメンバーだった。

ダンスがうまく、歌声も特別だった。

シスターラビッツでも存在感は普通ではなかった。

男の子のようでもあり、妖精のようでもあった。

ソロデビュー後はいきなりオリコンチャート首位となり、ミリオンセラーを連発する。

プライベートでは結婚し、息子を出産し、母親を亡くしていたが、そんなことが信じられなかった。

信じられないほどのヒット曲を生み出し、ライブでは他の追随を許さない存在を示した。日本中にアムラーを生み出した。

ほとんどMCの無いそのライブは、まさに完成されたショーそのものだった。

コマーシャルでもその姿を見ない日はなかった。

そして2018年、ラストツアーでは17公演で75万人を動員し、あっさりと目の前から消えてしまう。

本当にアムロがこの世に存在したということが信じられないように。

 

安室奈美恵が実在するのなら、彼女は今世界のどこかで43歳の誕生日を迎えているはずだ。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP