Now Loading...

  天覧試合の日
Rakza MAGAZINE

天覧試合の日

2021.06.25
編集長の独り言
田中 尚雅

1959年6月25日、昭和天皇皇后両陛下が後楽園球場で巨人対阪神戦を観戦した。プロ野球初の天覧試合であった。

 

天覧試合は、プロ野球が日本を代表するプロスポーツとして地位を得るために大切な機会と考えられていたため、両チームは巨人が藤田元治、阪神が小山正明というエースを先発させる。監督も選手も、とても緊張していたという話が伝わっている。

 

試合はシーソーゲームとなり、9回表が終わって時点で4−4の同点であり、天皇・皇后の観戦できる時間は終わりに近づいていた。

阪神はルーキーの村山実をリリーフに送り、9回裏の先頭バッターは長嶋茂雄だった。

ボールカウント2−2からの5球目、長嶋の打球は左翼ポール側に入るサヨナラホームランとなった。

 

喜ぶ長嶋、がっくりと膝に手をつく村山の姿が印象的だった。

 

村山はこの日の悔しさを胸に、日本球界を代表する投手へと育っていく。

 

プロ野球公式戦の天覧試合は、62年前のこの日以来、一度も行われてはいない。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP