Now Loading...

  国際ビーチクリーンアップデー
Rakza MAGAZINE

国際ビーチクリーンアップデー

2021.09.22
編集長の独り言
田中 尚雅

今日、9月22日は国際ビーチクリーンアップデー。

アメリカのサンフランシスコに本部がある「海洋自然保護センター」が1985年から実施している。

この日に近い週末に、世界各地で一斉に海岸のごみを拾い集め、その数量・種類などを調べ、海洋でのごみの発生元や、地球環境への影響を調査している。

 

近年、プラスチックごみやレジ袋などが海洋汚染を引き起こし、海で暮らす動植物の生態系にも大きな影響を及ぼしていることは国際問題にも鳴っている。

 

この星の美しい海洋を、そして海岸を保つため、誰もが問題意識を持つことが必要だと思う。

そして、この星に生きる我々ひとりひとりが、できることから何かを始めることが求められている。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP