Now Loading...

  国旗制定記念日
Rakza MAGAZINE

国旗制定記念日

2021.01.27
編集長の独り言
田中 尚雅

1870年1月27日、太政官布告第57号(商船規則)で国旗のデザインや規格が示されたことを記念して、国旗協会が制定した。

そして現在は、1999年8月13日に公布・施行された「国旗国歌法」によって定められている。

この法律によると、「日章旗」の縦横の比率は2:3、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、日の丸は畑の中心であり、白地に紅色と定められている。

 

日章旗の赤い丸は、太陽を象徴すると言われており、紅白はめでたいものであり、さらに赤は博愛と活力を、白は神聖と充血を意味するとも言われている。

さらに源平合戦の頃、平氏は赤字に金丸の旗、源氏は白地に赤丸の旗を掲げていたことから、代々の将軍もこの旗を用いた。

 

国旗や国家が国の象徴となることからいろんな意味で問題視されることがあるが、僕は自分の国を象徴するアイコンとして、尊重しても良いのではないかと考えている。

平和な時代にオリンピックやその他のスポーツ大会で、日章旗が掲げられることの意味は確かにあるのではないだろうか。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP