Now Loading...

  今日は阪神タイガース記念日
Rakza MAGAZINE

今日は阪神タイガース記念日

2020.11.02
編集長の独り言
田中 尚雅

1985年11月2日、プロ野球日本シリーズで阪神タイガースは西武ライオンズを破り、2リーグ制になって初の日本一になった。

この年は、4月17日の甲子園での巨人戦で、バース 、掛布、岡田が槇原寛己からバックスクリーン3連発を放ち勢いづいた。池田、ゲイル、伊藤、工藤、仲田の先発陣も充実。キャッチャーの木戸、真弓、佐野、平田、北村、弘田、吉武が躍動した。

8月12日に発生した日本航空123便の墜落事故で中埜肇球団社長が犠牲になったこともあり、夏のロードでは6連敗を喫し首位を陥落。

しかし、粘り強く勝を重ね、中西清起、福間納、山本和行のリリーフ陣も大車輪の活躍を見せた。

そして21年ぶりのリーグ優勝を遂げ、3勝2敗で迎えた日本シリーズ第6戦は、移籍してきた長崎、真弓、掛布がシリーズ2号を放ち、ゲールが締めた。

 

祝勝会では、吉田義男監督がビールを浴び、川藤が吠えた。

球団初の三冠王、バースはシリーズのMVPも獲得した。

 

とにかくこの年は、そしてこの日は、阪神ターガースにとって特別な日となった。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP