Now Loading...

  今日は蛇笏忌
Rakza MAGAZINE

今日は蛇笏忌

2020.10.03
編集長の独り言
田中 尚雅

明治から昭和にかけての俳人、飯田蛇笏の忌日。

1885年に山梨で生まれた蛇笏は、幼少期から俳句と親しみ、早稲田大学入学後高浜虚子の主宰する「ホトトギス」に参加する。

のちに「雲母」の主宰者となり、格調の高い句風で知られる。

 

秋草をとりてひややか菩提心

 

秋の風陽を吹きはやめみゆるかな

 

雨の日も茎並みそろふ曼珠沙華

 

兒をだいて日々のうれひにいわし雲

 

名月や宵すぐるまのこころせき

 

をりとりてはらりとおもきすすきかな

 

俳句はいい。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP