Now Loading...

  今日は大暑
Rakza MAGAZINE

今日は大暑

2021.07.22
編集長の独り言
田中 尚雅

「暑気至りつまりたる時節なればなり」(『暦便覧』)

 

つまり、暑さが極限に達する時期である。

本来なら、暑気払いとして水遊びや花火、スイカ割り、夏祭りの時期でもあるが、それがままならないのが残念だ。

明日、開会式が開催される東京オリンピックが、夏祭り代わりなのかもしれないが、少人数でのテレビ観戦というのがもどかしい。

 

この時期の花としては、百日紅や夾竹桃があり、その名前や使われている文字も日本の夏のひとつの表現なのだと思う。ひまわりも「日輪草」と呼ぼう。

かんかん照りの青空、もくもくと湧く入道雲、降るように聞こえてくる蝉の声、かき氷、そうめん、そしてキンキンの冷酒、どうせなら思いっきり暑さを楽しむのも一興か?

 

こんな句がある。

 

夏の日や一息に飲む酒の味  (八十村路通)

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP