Now Loading...

  今日はガンバレの日
Rakza MAGAZINE

今日はガンバレの日

2020.08.11
編集長の独り言
田中 尚雅

1936年の今日、ベルリンオリンピックの競泳女子200m平泳ぎで、前畑秀子選手は地元ドイツのマルタ・ゲネンゲル選手とのデッドヒートを制し、1秒差で勝利し、日本人女性として五輪史上初の金メダルを獲得した。

この時、NHKの川西三省アナウンサーは、「(前畑)ガンバレ」を実に38回も繰り返した。

前畑は、前回のロサンゼルスオリンピックの同競技で、10分の1秒差で銀メダルとなっていて、4年越しのリベンジとなった。

川西アナは、勝った瞬間も「勝った!」を20回近く連呼しており、この実況放送はレコード化され、11万枚以上を売り上げたという。

その実況の最後の部分を文字にするとこうなる。

「あと25、あと25、あと25。わずかにリード、わずかにリード。わずかにリード。前畑、前畑頑張れ、頑張れ、頑張れ。ゲネンゲルが出てきます。ゲネンゲルが出ています。頑張れ、頑張れ、頑張れ頑張れ。頑張れ、頑張れ、頑張れ頑張れ。前畑、前畑リード、前畑リード、前畑リードしております。前畑リード、前畑頑張れ、前畑頑張れ、前、前っ、リード、リード。あと5メーター、あと5メーター、あと5メーター、5メーター、5メーター、前っ、前畑リード。勝った勝った勝った、勝った勝った。勝った。前畑勝った、勝った勝った、勝った。勝った勝った。前畑勝った、前畑勝った。前畑勝った。前畑勝ちました。前畑勝ちました。前畑勝ちました。前畑勝ちました。前畑勝ちました。前畑の優勝です。前畑優勝です」

 

歴史に残る、迫真の実況だったのだ。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP