Now Loading...

  今日は「寒露」
Rakza MAGAZINE

今日は「寒露」

2020.10.08
編集長の独り言
田中 尚雅

二十四節気の「寒露」は、暦便覧いよれば「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすればなり」という頃だ。

かつてこの頃は、日本各地に雁が渡って時期である。

また菊の頃であり、蟋蟀が鳴く季節でもある。

 

しかしまた、熱燗の季節でもある。

僕は年を通して清酒は燗をして飲むが、「寒露」の頃は、夏は冷やした酒や常温の酒を飲んでいた人も、燗酒を飲む季節ではあるまいか。

気に入りの銘柄を、気に入りの方法で燗をつけ、その時の気分に合う酒器に注ぎ口に運ぶ。

温かな酒は喉から胃の腑へと落ち、秋の喜びを感じる頃。それが「寒露」に他ならない。

 

今宵、純米酒に豆腐、塩辛、海苔、刺身を用意して、ゆるりとぬる燗を楽しみたい。

 

そして寒露口明けの酒は、宮城の銘酒「一ノ蔵無監査本醸造」に決めた。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP