Now Loading...

  世界手洗いの日
Rakza MAGAZINE

世界手洗いの日

2021.10.15
編集長の独り言
田中 尚雅

UNICEF(国連児童基金)などからなる「せっけんを使った手洗いのための官民パートナーシップ」が、世界衛生年であった2008年から実施している記念日。

 

日本ユニセフ協会のホームページには、「手洗いは、誰にでも出来る衛生のいちばんシンプルな、でも実はとても大切な取り組み」と書かれている。しかも、世界手洗いダンスなる動画まで見ることができる。

https://handwashing.jp

人類が新型コロナウイルスの感染症と闘っている今こそ、さらに正しい手洗いを多くの人に伝えたい。

 

ちなみに僕は、もっとも簡単な気分転換法としての手洗いを、ずっとながく行っていて、それが風邪などと無縁の身体に繋がっているのだと思っている。

でも、これからの季節にはハンドクリームが必需品となる。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP