Now Loading...

  万国博デー
Rakza MAGAZINE

万国博デー

2021.03.15
編集長の独り言
田中 尚雅

1970年3月15日、大阪万博(日本万国博覧会)の一般入場が開始された。

 

開幕式は前日だったが、会期はこの日から9月13日までの183日間。

アジア初の国際博覧会であり、当時史上最大規模を誇った。

テーマは「人類の進歩と調和」、77カ国が参加し、国内でも多くの企業や芸術家が参加した国家事業だった。

 

大阪府吹田市千里丘陵の会場面積は330ha、総入場者数は6421万人、岡本太郎による万博のシンボル・「太陽の塔」は、今もその地に聳えている。

 

僕は当時中学生であり、京都に住んでいたせいもあり何十回も訪れた記憶がある。1日の最高入場者は83万人に上り、アポロ12号が持ち帰った「月の石」が展示されたアメリカ館などは数時間待ちとなり、「人類の辛抱と長蛇」などと揶揄された。

会場全体が未来都市のような面持ちで、エキスポランドと呼ばれた遊園地も併設されていて、関西人にとっては東京オリンピックを超える熱狂のイベントだった。

 

またテーマソングとなった「世界の国からこんにちは」も大ヒットした。

坂本九、吉永小百合、弘田三枝子、西郷輝彦・倍賞美津子なども歌った競作だったが、なんといっても三波春夫のものが大ヒットした。

「1970年のこんにちは」という歌詞は、いまだに心の奥底に残っている。

2025年の大阪・関西万博にも、あの心躍るような世界を見せてほしいと思う。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP