Now Loading...

  ラッキーゾーンの日
Rakza MAGAZINE

ラッキーゾーンの日

2021.05.26
編集長の独り言
田中 尚雅

1947年5月26日、阪神甲子園球場に日本で初めてのラッキーゾーンが設置された。

外野が広く、ホームランが出にくいという理由であった。ホームランは野球にとって劇的な結果につながる魅力を持っている。その魅力をもたらすための狙いがあった。

その後、西宮球場や神宮球場、京都の西京極球場などでもラッキーソーンが設置されたが、しだいにバットやボールの品質がよくなり、ホームランの本数が増加し、甲子園のラッキーゾーンも1992年3月に撤去された。

 

メジャーリーグでは、フェンスの位置の変更などはあったが、ラッキーゾーンに該当するものは作られていない。

したがって、この言葉は和製英語である。

 

甲子園のラッキーゾーンにはブルペンが作られていて、投球練習をするピッチャーのもとにホームランが飛び込むということもよくあった。

 

どんなスポーツでもそうだが、選手一人一人に魅力があり人生があるように、チームにも歴史と記録と記憶があり、そしてまたスタジアムや競技場にもいろんな個性とその場所を彩る思い出があるのだ。

甲子園球場は1924年に竣工し、あと3年で100年を迎える。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP