Now Loading...

  ラジオ本放送の日
Rakza MAGAZINE

ラジオ本放送の日

2021.07.12
編集長の独り言
田中 尚雅

1925年の7月12日、日本で初めてラジオの本放送が始まった。

電波を発したのは東京放送局の愛宕山の社屋(現在のNHK放送博物館)からだった。

96年前の出来後である。

ラジオというメディアは、目まぐるしい発展を遂げ、一次は他のメディアに取って代われ、今はまた、その特異性もあって災害時などのライフラインとして注目を浴びている。

高校時代、僕は京都で必死に周波数を合わせて、TBSラジオの「パックインミュージック」を聞いていた。

ナチチャコパック、なんと懐かしい響きだろう。

テレビの制作の現場では分業があたりまえになっているが、ラジオでは、プロデューサー(制作者)とディレクター(演出家)とDJ(出演者)を兼ねることも可能で、選曲もゲストのブッキングもテーマも全部自分一人で行うことも可能だ。だから今も、構成作家のDJが多くみられる。もちろん技術部門は別ではあるのだが……

 

今のYou Tuberなどは、まさにその感覚かもしれない。

 

時代を先んじて引っ張ったラジオ放送は、始まってから100年が近い。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP