Now Loading...

  ラグビー早明戦の日
Rakza MAGAZINE

ラグビー早明戦の日

2020.12.06
編集長の独り言
田中 尚雅

12月の第1日曜日には、関東大学ラグビー対抗戦グループの最終戦、早明戦が行われる。今年は96回目となる。

 

ラグビーの早明戦は、日本のアマチュアスポーツの中でも屈指の人気を誇る対戦だ。初の早慶戦のよく年、1923年に始まっていて、1973年以降は建て替えが始まるまで国立霞ヶ丘競技場で行われていた。(その後は秩父宮ラグビー場)

死闘の数々は早明戦の歴史を彩っているが、特に1962(昭和37)年に対抗戦Bグループに転落した早稲田がAグループ優勝の明治を破った戦いは有名。この年、早稲田は「カンペイ」というサインプレーを発明した。(SHからSO、SOからインサイドCTBまで回したのち、アウトサイドCTBの背中側を通して飛ばし、FBにパスをするプレー=カンペイとは菅平の音読みらしい)

また、1982年には国立競技場の収容人員を超える66,999人が競技場に入りラグビー協会が批判され、のちに全席指定になるキッカケとなった。

さらに、今も語り草となっている1987年の雪の早明戦や、国立最後となった2013年のユーミンが「ノーサイド」を歌ったことなど、日本のスポーツ史に残る逸話も多い。

それにしても、真珠湾攻撃の前日1946年12月7日にも早明戦は行われており、ちょっと驚く。

戦績は、早稲田の54勝39敗2分

大学選手権などでは、早稲田の6勝8敗

 

こちらは早慶戦に比べるとかなり早稲田の分が悪く、ここ6年は勝敗が交互になっている。その例で行けば、今日は早稲田が勝利し、13年ぶりの対抗戦優勝が決まることになるのだが・・・明治も勝てば優勝なのでどうなるかはわからない。

 

今年の1月11日は、国立競技場での大学選手権決勝を観戦したのだが、それがもうずいぶん昔のことに思えてしまう。

 

キックオフは14時、心が高鳴る。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP