Now Loading...

  ボジョレーヌーボー解禁日
Rakza MAGAZINE

ボジョレーヌーボー解禁日

2020.11.19
編集長の独り言
田中 尚雅

ボジョレーは、フランスのローヌ県北部、マコンとリヨンの間・ボジョレー地方のことを言う。ヌーボーはそこで生まれるワインの新酒のことで、毎年11月第3木曜日の午前0時に解禁されることになっている。

ブルゴーニュワインに分類され、品種はガメイである。赤ワインしかない。

 

日本は日付変更線の西側に位置し、その瞬間を世界でもいち早く迎える。しかも、ワインブームだった21世紀を迎えた頃に、この話題で拡販を図る輸入業者の目論見もあり、一時は誰もがボジョレーヌーボーを求めたものだ。

赤ワインを冷やして飲むというのも、人気の一因だったようにも思う。

 

しかし、9月頃に収穫したブドウのワインをこの時期に販売するには、特別な醸造法(「マセラシオン・カルボニック」と呼ばれる)が必要で、さらに間に合わせるための輸送費も乗るために、価格が高くなるという弊害もある。

 

全体に、フランスワインが安価になったこともあり、今のブームはそれほどでもない。ピーク期の2004年には1200万本以上輸入されていたボジョレーヌーボーも、今は半分以下に落ち込んでいるとも言う。

 

とは言え、やはり今年もきっと飲むのだろうなあ!

お祭りみたいなものである。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP