Now Loading...

  プロ野球ナイター記念日
Rakza MAGAZINE

プロ野球ナイター記念日

2021.08.17
編集長の独り言
田中 尚雅

1947年8月17日、日本のプロ野球初のナイトゲーム巨人―中日戦が横浜ゲーリック球場で行われた。巨人のクリーンナップトリオは、青田昇、川上哲治、平山菊二。中日は杉浦清、大沢清、茅野秀三だった。

 

詳しい記録は残されていないものの、翌日の新聞では「空前の超満員」と報じられた。

当時の横浜ゲーリック球場(現在の横浜スタジアムの場所にあった)は連合軍に接収されていたため照明設備があったが、実際には十分な明るさが足りなかったらしい。そのため、初回の打席で青田は球がよく見えず、顔面に死球を受け、また川上の打球が本塁打か否かをめぐり、試合が中断されたという記録が残っている。選手には、酷な試合だった。

 

尚、試合は3対2で中日の勝利、前日にベーブ・ルースが亡くなったため、両軍は試合前に黙祷を捧げたという。

 

74年前の、記念日である。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP