Now Loading...

  ピザの日
Rakza MAGAZINE

ピザの日

2020.11.20
編集長の独り言
田中 尚雅

なぜこの日がピザの日になったかというと、時代は1889年に遡る。

この年、ナポリ国王・ウンベルト1世の妻・マリゲリータは、イタリアのナポリを訪れた。

そこで王妃はピザ職人から、トマトの赤、バジルの緑、モッツェレラチーズの白というイタリア国旗の色をあしらったピザを贈られたという。

王妃はこれがとても気に入り、ピッツァ・マルゲリータという名前を冠したというのだ。

そのマルゲリータ王妃の誕生日が11月20日で、この日が「ピザの日」と定められた。

 

ところで、ピザとピッツァの違いは?

マルゲリータの逸話にあるのがピッツァ。もともとは「フォカッチャ」に似たパンにトマトソースを塗り、チーズを載せて始まったとされている。

それをイタリアからの移民がアメリカに持ち込んだものがピザ。

ピッツァはナイフとフォークで切り分けて、エレガントに食べるもの。

ピザは、ピザカッターで切って、みんなで手にとって食べるものとか。

 

ボジョレーヌーボーとピザもきっと合う。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP