Now Loading...

  ビタミンの日
Rakza MAGAZINE

ビタミンの日

2021.12.13
編集長の独り言
田中 尚雅

1910年12月13日、鈴木梅太郎博士がオリザニン(ビタミンB1)を発見した。そのことにちなみ、「ビタミンの日」と制定された。

 

しかし鈴木博士の発見は、ドイツ語に翻訳された当時に「未知の栄養素である」ことが訳から漏れたため、あまり注目されることがなかった。

ところが、翌年になってポーランドの医学者であるカシミール・フランクが同じ栄養成分を発見し「ビタミン」と名付けて発表し、こちらの方が有名になってしまった。

 

いずれにしても、鈴木梅太郎がビタミンB1を発見したことに間違いはなく、江戸時代以降の日本人が白米を主食にして以来苦しめられていた脚気が、大幅に減少するという大きな成果を残した。

鈴木博士はまた、合成清酒の発見でも知られている。

そういえば、筆者の学生時代には、こちらにも大変お世話になった。

高田馬場の清龍という居酒屋には、かつて合成酒があったのだ。懐かしい。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP