Now Loading...

  ドリス・デイの命日
Rakza MAGAZINE

ドリス・デイの命日

2021.05.13
編集長の独り言
田中 尚雅

ドリス・デイは1922年、アメリカオハイオ州シンシナティ出身のドイツ系アメリカ人。

バレリーナを目指していたが、列車事故に逢い激しい踊りを断念する。

18歳でレス・ブラウン楽団の専属歌手となり、「センチメンタル・ジャーニー」が大ヒットする。

1948年「洋上のロマンス」で女優として映画デビュー。次々に映画や主題歌がヒットする。

なんといっても有名なのは、1956年のヒッチコック監督作品「知り過ぎていた男」の主演と劇中歌の「ケ・ゼラ・セラ」だろう。

ちなみに「ケ・ゼラ・セラ」という言葉は、正確なスペイン語でもなく、「Whatever Will Be, Will Be」という曲名が使われることもある。(アカデミー歌曲賞受賞)

本人はあまり気に入っていなかったというが、ドリス・デイにはぴったりのイメージだと思う。

 

映画界を引退後は、「ドリス・デイ・ショー」というテレビ番組でも活躍し、また動物愛護にも力を注いだ。

 

2019年5月13日、肺炎のため97歳で人生の幕を閉じた。

 

私生活では4度の結婚と3度の離婚(1度は死別)、子供の死などに見舞われたが、古き良き時代のアメリカを代表するような、明るく、チャーミングな女性だった。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP