Now Loading...

  テディベアズ・デー
Rakza MAGAZINE

テディベアズ・デー

2020.10.27
編集長の独り言
田中 尚雅

なぜ今日がテディベアズ・デーかというと、アメリカの第26代大統領のセオドア・ルーズベルトの誕生日であるからだ。(1858年)

では、それはなぜか?

1902年の秋、ルーズベルト大統領は熊狩りに出かけた。その時、同行していたハンターがアメリカグマを追い詰め、最後の一発を大統領に頼んだのだが、「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」と撃たなかったという。その逸話がワシントンポストに掲載され、それを見た人が一体の熊のぬいぐるみにルーズベルトのニックネーム「テディ」をもらって「テディベア」と名付けたそうだ。

 

いずれにせよ、テディベアーは本家本元のテディより有名になってしまった。

ちなみに、ルーズベルトの顔を思い出せない人は、アメリカ・サウスダコタ州キーストンにあるラシュモア山の巨大な胸像を思い出して欲しい。

左から、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、その次がセオドア・ルーズベルト、そしてエイブラハム・リンカーンである。

テディベアは、エルビス・プレスリーの歌にもなり、映画「テッド」では主役となり、とんでもない言動のクマとなった。

おそらく世界一有名なぬいぐるみだ。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP