Now Loading...

  サンフランシスコ平和条約調印記念日
Rakza MAGAZINE

サンフランシスコ平和条約調印記念日

2021.09.08
編集長の独り言
田中 尚雅

1951年9月8日、アメリカのサンフランシスコで、連合国と日本の間で平和条約が締結された。サンフランシスコ平和条約や同講和条約は通称であり、公布された時の条約名は「昭和27年条約第5号」だった。

同日、「日米安全保障条約」も調印された。

実際に署名したのは吉田茂主席全権(首相)であり、全権委員は一万田尚登(日本銀行総裁)、徳川宗敬(参議院緑風会)、星島二郎(自由党)、苫米地義三(国民民主党)、池田勇人(蔵相)だった。

 

この条約によって、日本と連合国の戦争状態は終了した。

 

平和を願いノーベル平和賞候補にもなっていた湯川秀樹博士が、30年後の同じ日に亡くなったことに、何やら因縁めいたものを感じるのは僕だけだろうか。

 

日本にとって最後の戦争となった太平洋戦争。

大昔のことのように感じても、それが終結したのはたかだか70年前のことなのだ。

我々はそのことを肝に銘じ、決して戦争をしない国家を維持しなくてはならない。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP