Now Loading...

  アインシュタイン記念日
Rakza MAGAZINE

アインシュタイン記念日

2021.06.30
編集長の独り言
田中 尚雅

1905年6月30日、アルベルト・アインシュタインが「運動する物体の電気力学について」という論文を、ドイツの物理雑誌「アナーレン・デル・フィジーク」に提出した。

この年、26歳だったアインシュタインは、「特殊相対性理論」に関わる重要な論文を立て続けに発表し、奇跡の年と呼ばれている。

この時の彼の仕事は、スイス連邦特許局の無名の技師だった。

 

アインシュタインは、1879年3月14日ドイツ生まれ。

子どもの頃から、言葉を発することが少ない少年だったが、数学に関しては傑出した能力を発揮していた。

奇跡の年以降の活躍は目覚ましく、いつノーベル賞をもらってもおかしくないと本人も周囲も思っていた。アインシュタインが最初の妻ミレヴァへの離婚の条件として、「ノーベル賞を取ってその賞金を譲る」というのが受け入れられたほどに。

ノーベル賞の受賞の通知が届いたのは、離婚成立後の1919年6月、アインシュタインが日本に向かう途中のことだったという。

 

かの有名は舌を出した写真は、1951年のアインシュタインの誕生日(3月14日)に、NS通信社のカメラマン、アーサー・カスに「笑ってください」と言われ、危うく笑いそうになったのを隠そうとした表情を撮ったものだ。

それほど、人前では滅多に笑顔を見せない人だった。この写真は、その年のニューヨーク新聞写真家賞のグランプリを受賞している。

 

1955年に、哲学者のバーナード・ラッセルと共に核兵器の廃絶や戦争の根絶などを訴えるラッセル=アインシュタイン宣言に署名したのち、心臓付近の痛みに倒れる。

そして、同年4月18日、入院先のブリンストン病院で息を引き取った。76歳だった。

 

死の間際に、アインシュタインは最後の言葉を残したが、ドイツ語を理解できる看護師ではなかったため、その言葉は今も不明である。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP