Now Loading...

  「少年ジャンプ」の誕生日
Rakza MAGAZINE

「少年ジャンプ」の誕生日

2021.07.11
編集長の独り言
田中 尚雅

1968年7月11日、集英社は「少年ジャンプ」を創刊する。したがって、今日が53年目の誕生日ということになる。

創刊後約1年は、月2回の発行であったため、創刊号には「週刊」の文字はない。

講談社の「週刊少年マガジン」、小学館の「週刊少年サンデー」に出遅れること9年の創刊だった。

同社の月刊漫画雑誌、「少年ブック」の編集方針である「友情・努力・勝利」の要素を必ずひとつ入れることを受け継いだ。

 

「ハレンチ学園」、「男一匹ガキ大将」などがいきなりヒットし、その後も「こちら亀有公園前派出所」、「キャプテン翼」、「ドラゴンボール」、「SLUM DUNK」など次々にヒット作を生み出し、1994年末には653万部という漫画雑誌の最高発行部数を記録するに至った。

 

現在も発行部数ではトップを走り続ける「週刊少年ジャンプ」は、日本の漫画雑誌を牽引し続けている。

今も看板漫画の「ONE PIECE」は、今月末には連載25年目に突入する。

 

ちなみに僕はマガジン・サンデー世代。

だが、もう何十年も漫画週刊誌は手にとっていない。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP