Now Loading...

  「上を向いて歩こう」がアメリカヒットチャート1位になった日
Rakza MAGAZINE

「上を向いて歩こう」がアメリカヒットチャート1位になった日

2021.06.15
編集長の独り言
田中 尚雅

1962年6月15日に発表された、Billboard Hot 100で坂本九の「上を向いて歩こう」が第1位となり、そのまま4週連続1位の大ヒットとなった。

 

日本でのリリースは1961年10月15日。作詞永六輔、作曲は中村八大、歌唱坂本九の六八九トリオ。

日本出身者としては、唯一のHot 100週間1位を記録した楽曲である。

アメリカで、この歌のタイトルが「SUKIYAKI」となったのは、イギリスのトランペッター、ケニー・ポールがインストメンタルとしてリリースする際、唯一知っていた日本語のタイトルをつけたからだと言われている。

 

中村八大は、坂本九を初めて見た際「明るい坊やだけど、その奥に悲しみがある」と感じたという。

そこで坂本九にこの曲を作り自身のリサイタルで歌わせるのだが、もともと歌い出しは楽譜上、表の拍で始まるはずが、坂本九は裏拍で歌い出したそうだ。

しかも、聞こえた歌詞は「ウヘホムフヒテ」であり、作詞の永六輔も「絶対にヒットしない」と言ったそうだ。

 

しかし、その歌が日本をはじめ世界中でヒットしたのだから、わからないものである。

 

坂本九は1985年8月12日、航空機事故のため43歳で死亡した。

あの日光機ジャンボジェット墜落事故である。

田中 尚雅
Naomasa Tanaka
クリエイティブ部門を担当する田中尚雅です。MAGAZINの編集長でもあります。
社会が幸福になるには、それを構成する一人ひとりの幸福こそが必須です。 そのために、あらゆる方法で人と伴走したいと考えています。
この記事を書いた人

CONTACT

あらゆるお問い合わせは、
下記フォームからお気軽にどうぞ
PAGE UP